治療と目標設定

鍼灸治療院きさらぎでは、患者さんの健康状態、並びに患者さんの価値観によって
「治療」は次の三つの意味を持つと考えます。

①トリートメント
(狭義の治療)
 病気やけがを治すこと

②メンテナンス
(予防・維持)
 病気の予防 
 再発の予防 
 健康管理

③コンディショニング
(賦活)
 より軽やかでしなやかで
 心地よく力強く
 身体本来の持つ機能を
 十二分に発揮するための調整
 賦活(活力を与える)



多くの人にとって「治療」とは①のトリートメントでしょう。
そして、①の治療を通して健康の大切さを実感した方は
次第に②のメンテナンスとしての治療に移行してゆきます。

もちろん、日常は変化の連続。
怪我や感染症その他、突然の不調が生じる場合もありますから、
厳密に②だけの治療というわけでなく、
①と②を行きつ戻りつということになります。

③のコンディショニングは、
アスリートやダンサー、音楽家、職人さんなど
日常的に身体表現に関わり、
最高のパフォーマンスを発揮できる身体を求めている方や
健康意識が高く、ヨガやピラティスなどを実践し、
より美しく強く軽やかな身体を目指している方が求められる治療です。

ところが、多くの人は「健康」を
「症状のない状態」
「不調を感じない状態」
プラスもマイナスもない、いわば「ゼロ」の状態
と捉えていることが多いものです。
あなたはいかがですか?

しかし、「健康」とは本来「健体康心」、
身も心も健やかな状態を言うのです。
ですから、当院では「症状のない状態」「不調のない状態」を目指して治療するのではなく、
その人本来のお身体の最高潮の状態を目指して治療しています。

つまり、鍼灸治療院きさらぎでは、患者さんの目標が①であっても
③を念頭に入れて治療を提供しています。
東洋医学的な鍼灸治療にはそれだけの力がありますから。

というよりも東洋医学というものはそもそもから、
「症状消し」(対症療法)を目的とした治療ではないのです。
①治療(狭義の)②予防③賦活
すべて内包しているのです。



ところが受け手である患者さんの意識が
①で留まっているケースが少なくありません。
症状さえなくなれば良い」と。

いやはや、なんてもったいない!

治療自体が①の領域を越えて③を目指していても
治療の受け手の目標が「ゼロ」であれば、
その時点で治療効果は自ずから制限されてゆきます。

心と身体はひとつ。
最高度の健康をご本人の心が望んでいない以上、
鍼灸という働きかけに応える身体の変化も
それに準じたものにならざるを得ないのですから。

ですから、当院では治癒力を引き出すための根本治療を提供するとともに
その治療に依存的にならずに、
ご本人が主体的に心身と向き合い、高い目標を持って養生に励み、
問題意識(ワクワク)を持って治療に臨まれるようお勧めしています。

ご本人の治そうという意欲、意志、
そのエネルギーの高さに応じて、
同じ治療を受けても治療効果は変わるのです。

授業を受ける生徒に例えてみましょう。
宿題はもちろん、復習・予習を通じて自分の理解度の弱い部分を知り、
理解しよう、学ぼう、何かを得よう、
それを楽しもうという意欲を持って授業に臨む生徒と
宿題はもちろん、復習も予習もせず、
ただ何となく教室にいて
「成績が上がると良いな」とぼんやりと上の空で授業に臨む生徒。

さて、学力が上がりやすい生徒はどちらでしょう?


目標が高いほど、気づきや学びは大きく、
意欲が強いほど成長は著しい。

健康だって同じです。
そう思いませんか?

【あたかも一万年も生きるかのように行動するな】(マルクス・アウレリウス)

命は時間で出来ています。
「症状なし」のゼロの健康でなく、
より豊かで軽やかで清々しい最高度の健康の実現を心にかけ、
日々を大切に生きてみませんか?

とはいいつつも、もちろん価値観はそれぞれ。
あなたが望むものが①でも②でも③でも構いません。
当院がすること、できることは同じ。
その時点で最高の水準へと心身の調和を図る治療を提供するだけですから。

どんな風に治療に臨み、どんな風に日々を送るか。
あなたの世界とあなたの未来はあなたの選択と実践次第です。

根本治療専門
鍼灸治療院きさらぎ
加古川市野口町野口431-3
TEL 079-421-9353

a:131 t:1 y:0