運動時の股関節・鼠径部周りの痛みでお困りなら
加古川市の鍼灸治療院きさらぎにご相談下さい。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)と鍼灸治療

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)とは

鼠径部痛症候群とは起き上がり時やサッカーやラグビーなどの蹴る動作時などに
鼠径部や股関節の前面や深部、下腹部などに痛みが生じる鼠径部痛の総称です。
サッカーやラグビー、陸上の中・長距離、自転車競技など
股関節に負荷のかかりやすいスポーツに生じやすい疾患です。

痛みの生じる部位は
○脚の付け根の奥
○股関節の前面や深部
○鼠径部から下腹部にかけて
など

腸腰筋、内転筋、薄筋、恥骨筋などの筋肉の使い過ぎにより疲労が溜まり、
筋肉の硬直・短縮・癒着などによる可動制限や神経の絞扼が直接的原因です。

股関節や骨盤、腰椎の可動制限
下半身、特に骨盤まわり・股関節廻りの筋力の低下による不安定性
骨盤底筋・腹斜筋・腹横筋など体幹部の筋力不足
などにより股関節に負荷が集中することによって起こります。

外傷後の組織の癒着やそれに伴う代償動作(かばう動作)、
あるいはそもそもの身体の使い癖による足首・膝・股関節などのアライメントの歪みが
背景にある場合が多く診られます。

特に片足でキックを行うサッカーでは負荷がかかりやすく、
慢性化してくると歩行時でも痛むようになります。


一般的な鼠径部痛症候群の治療法

整形外科や整骨院などでは
○鎮痛剤の服用
○ブロック注射
○湿布
○幹部周辺のマッサージ
○低周波・干渉波などの電気治療器で電気を当てる
○患部に鍼を打ち電気を流す
などの対症療法が行われるか、
安静にして様子を診るばかりの保存療法が選択される場合が殆どです。

一時的に症状が緩和されることもあるかも知れませんが
根本原因が放置されたままですので根本的な問題解決にはならないと思われます。


鼠径部症候群の真因

鼠径部の症状はあくまで結果です。
よって股関節・鼠径部周りだけを診察したり、治療の対象にしている限り、
根本的な治癒は見込めないでしょう。

股関節の可動制限を引き起こしている深部の筋肉の硬直や癒着を緩める鍼治療も有効ですが、
ではそもそもそのような筋肉の硬直や癒着は何故生じたのでしょうか。

鼠径部症候群は競技の特性上サッカー選手に多い疾患ですが、
サッカー選手がみな鼠径部症候群になるわけではありません。
この疾患にかかる人はそれに相応しい身体の使い方をしてしまっているということです。

まずい身体の使い方が様々な怪我、スポーツ障害の背景にあるのです。

それだけに、依存的に治療を受けるだけでなく、
ご本人の身体の現状への理解、身体の使い方の問題点に対する理解が重要です。

○体幹の弱さ
○重心の捉えの不明確さ
○踵重心や外重心
○動きのブレーキになる筋肉の力み癖
など

さらには内科的な問題も潜んでいることも少なくありません。

○過食・偏食による内臓の機能失調、内臓の疲労
○糖分・炭水化物の摂り過ぎによる筋肉の硬化や冷え
○脾胃の弱化による内臓下垂
○血虚や瘀血(おけつ)による回復力の低下

どのような病や疾患も単独の原因だけで生じることは稀です。
上述のように様々な要因が積み重なってそれぞれの不健康な状態があるのです。
症状はあくまで結果です。
そして症状とは身体からの悲鳴であり、身体からご本人へのメッセージです。
ご本人がそう理解し、症状から学ぶ姿勢が大変重要です。


鼠径部症候群と当院の鍼灸治療

上述のように鼠径部症候群という一つの疾患も様々な要因の上に生じます。
巷で行われているような患部だけを治療対象にしていても意味がありません。

よって当院では、症状名に囚われずに心身全体の不調和を改善するように治療してゆきます。

○構造的な調整
 骨盤・股関節など可動制限、機能障害が生じている関節の動きの整合性の回復
○内科的な調整
 複合的な内臓の機能的失調を整える
○氣(気血水)の調整
 心身全体のエネルギーの流れを整える

結果として鼠径部症候群の痛み・症状は自ずから緩和・改善されるだけでなく、
○怪我をしにくくなる
○疲れにくくなる
○回復力が高まる
○パフォーマンスが上がる

などの効果も期待できます。


股関節・鼠径部の痛みや違和感でお悩みの方
怪我を速く治してパフォーマンスを上げたいアスリートの方は
お気軽に当院にご相談下さい
TEL 079-421-9353

院長 吉良 淳
はり師・きゅう師(国家資格)
漢方鍼灸臨床研究会認定漢方鍼灸医
日本刺絡学会認定鍼灸師
FTPピラティス認定ベーシック・トレーナー
キネシオ・テーピング・トレーナー 
クラニオ・セイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)プラクショナー 
さらに詳しいプロフィールはこちら

 予約制 TEL 079-421-9353  

 電話受付 午前9時~午後1時 午後3時~午後7時 休診 水・日曜午後、祝日、第3日曜

当日予約可(初診の方の当日予約は平日のみ可)

a:141 t:1 y:0

Top / 鼠径部痛症候群と鍼灸治療