喉の痛みや詰まり感、声がれなどでお悩みなら
加古川の根本治療専門院 鍼灸治療院きさらぎへ

 完全予約制 TEL 0794219353 

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時(土曜は午後4時まで) 
   休  診  水・日曜の午後  祝日  第3日曜   臨時休業あり       

コロナ対策バナー

喉の痛みと鍼灸

ここではかぜ症候群など上気道感染に伴う喉の痛み以外で
下記のような喉の諸症状について取り上げます。
※風邪・インフルエンザ等、上気道感染(かぜ症候群)も鍼灸の適応疾患です。

  • 咽頭痛(喉の痛み)
  • 喉の詰まり感(咽喉頭異常感症)
  • 声がれ(嗄声)

これらの症状を主訴にご来院される方は多くはありませんが、
主訴以外の副症状として訴えられる方は少なくありません。

当院の鍼灸治療は心身全体の機能的な不調和を整えることによって
お心身本来の治癒力を高めることを目的とする治療ですので
上記のような症状ももちろん適応症です。


〇咽頭痛(喉の痛み)
咽頭炎
喉頭炎
扁桃炎
甲状腺の異常
咽頭神経痛
シェーグレン症候群
などの疾患に伴うもの
またそれ以外

東洋医学ではこれらの症状をまとめて喉痺と呼びます。
診察上はどこに炎症があるのか、感染源となる細菌・ウィルスの特定は大切ですが、
治療自体は病理に基づいて行うので、病名自体は問題となりません。


〇喉の詰まり(咽喉頭異常感症)
上咽頭炎
扁桃肥大
慢性副鼻腔炎
自律神経失調
内分泌異常
心身症

などの疾患に伴うもの

不安・ストレスなど精神的要因によるもの
こちらは伝統的に 梅核気(ばいかくき) と呼ばれています。
梅の種が喉に詰まったように気が喉に停滞しているということです。


〇声がれ(嗄声)
咽頭がん
喉頭がん
声帯ポリープ
などの疾患に伴うもの


〇声が出ない(失音
声帯麻痺や精神的な失語症
※臨月ごろに声が出なくなることがありますが、これは自然に治ります。治療の必要は ありません。


当院での治療について

喉には多くの経絡(氣の流れる経路)が通っています。
上記のような各症状はそれらのうちいずれかの経絡の氣の流れが停滞することで起こります。
停滞するから腫れ・炎症が生じ、慢性化するほどポリープ・癌など器質的病変を生じてきます。

鍼灸治療では病名や腫瘍に有無に関わらず、
それぞれの病理に基づいて治療してゆきます。
諸症状はあくまで結果であり、原因は症状のある部位にあるわけではないからです。

咽喉部で氣が停滞するのはなぜか、
その原因となる内臓の機能低下がどこにあるのか、
その結果、全体としてどのように内臓の機能的バランスを失調しているのか、
を見定めて治療に当たってゆきます。

心身全体が整っていく過程で、
症状も自ずから緩和されてゆくでしょう。

※がんが疑われる場合は病院での検査をお勧めしています。
 その上で病院での治療との併用、または病院での治療後の治療をお勧めしています。
 もちろん西洋医学に頼りたくないなどご本人の意思があれば尊重致します。


養生(生活習慣の改善)について

遺伝性・先天性疾患、感染症など一部の例外を除いて
多くの病や不調の原因、または治癒を妨げる要因は
日常習慣の中にあるものです。

日常習慣とは
〇姿勢・運動習慣
〇食習慣
〇精神習慣・思考習慣
の3つ。

誰であれ、これら3つの生活習慣の上に現在の健康状態があります。
喉の諸症状にも
〇姿勢、身体の使い方(無駄な力み癖)、運動不足下半身の筋力不足や構造的問題
〇食べすぎ(エネルギー消費量に対して)、栄養失調、香辛料過多など
〇不安やストレスを抱え込みやすい、マイナス情報に意識が向きやすい思考習慣
などが関わっていることが少なくありません。

同じ治療を受けても養生次第で予後は変わってきます。
是非治療を通してお身体への理解を深め、出来ることを取り組んでゆきましょう。
全力でサポート致します。


健やかな未来のために一歩踏み出してみませんか?

加古川市の根本治療専門院
鍼灸治療院きさらぎは
本気のあなたの味方です。

お気軽にご相談下さい。

回数券について

 完全予約制 TEL 0794219353 

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時(土曜は午後4時まで) 
休  診   水・日曜の午後  祝日  第3日曜   臨時休業あり        

a:70 t:1 y:0

Top / 喉の痛みと鍼灸