花粉症から卒業するには?

秋らしい気配もなく秋が終わり、
冬らしい寒気もなく終わろうとしている今年の冬。
身が引き締まるような寒さが実は好きな私には
物足りなかった冬。
秋冬がこのままはっきりしない国になっていくのかと思うと
なんだか落ち着かないうら寂しさを感じる生暖かい冬。
どうやらこのまま春になるようで。

はっきりとした季節の変わり目もないのだから、
エネルギーを体内に閉じ込める働きの強まる冬の身体から
余分な熱を発散してゆく春の身体への切り替えなど
ごく自然に出来る筈。

と願いところですが、
残念ながらそうでない方が年々増えているようです。


花粉症。
花粉が原因じゃありませんよ。
アレルギー状態にいる人にとって
症状発症のきっかけになっているだけ。
私たち人間の大先輩の木々達の花粉を
悪者にしている限り、花粉症は治りません。

食生活の問題、
姿勢、呼吸の仕方の問題、
それらをほっておいて、
「症状を消す」ことにばかり注力してしまう、
思考習慣の問題。

これらはすべてご自分の日々の習慣の問題です。
それを改善してゆけるのは誰でしょうか?
ご本人だけですよね?


どんな医学、どんな治療も病気を治すことは出来ません。

医学、治療はあくまで「治る手助け」であり、
治すのはご本人の治癒力そのものです。

当院の鍼灸治療は、症状に捉われることなく、
心身全体を構造的にも内科的にも整えることで
ご本人本来の治癒力を高めてゆきます。
その時点その時点で「より深い呼吸が自然にできる状態」が
治療での大きな指標になります。

ですから、結果として花粉症などは同じ呼吸器系の疾患である
アトピーや喘息などとは比較にならないほど
早目に改善してゆきます。

ただし、それには条件があります。
治療と治療の間、
つまり、ご本人の日々の暮らしの中で
しっかり医療指導を守ってもらうこと、
必要な生活習慣の改善=養生を行ってもらうことです。

原因が日常にあるなら、先ず日常の問題点を改善してゆく。
それが何よりの治療となります。

当然ですよね?

この当然の道理を理解した上で治療を受けられる方は
花粉症に限らず、治療効果を存分に受けることが出来、
明るい未来を観ることが出来ます。

この当然の道理を無視して治療を受けられる方は
花粉症に限らず、治療効果を自ら打ち消してゆくことになるので
予後はそれだけ悪くなります。

「どこに行っても良くならないのよ~」
とおっしゃっているあなた。
これからどこかで治療を受ける時、
あなたなら前者と後者、どちらを選ばれますか?

前者の方は、お気軽にご相談下さい。
一緒に心身を整え、つらい花粉症から卒業しましょう!



根本治療専門 鍼灸治療院きさらぎ
TEL 079-421-9353
兵庫県加古川市野口町野口431-3

a:267 t:1 y:0