兵庫県加古川市の鍼灸院。根本治療専門。逆子、つわり、恥骨痛・腰痛など妊娠中、妊娠前後の体調管理はやさしい鍼におまかせ下さい。

逆子で鍼灸院を探すなら 加古川市の当院へ 明石・高砂・姫路などから来院多数

逆子と鍼灸    ~加古川の根本治療専門院~

逆子とは

お母さんの子宮の中で、子宮の縦軸に対する赤ちゃんの位置関係を 胎位 といいます。


通常赤ちゃんは子宮の中で頭部を下に、
足やお尻を上にした状態でいます。これを 頭位 と言います。
加古川,逆子,頭位,骨盤位

これに対して子宮の中で頭を上に、足やお尻を下にした状態を
頭位に対して 骨盤位(逆子) と言います。


骨盤位は妊娠中期には全妊婦の約半数を占めていますが、
この時期の赤ちゃんはくるくる動いているものなので特に問題はありません。
妊娠月数が進むほどに減少し、30週目には70%が自然に頭位をとるようになり、
残りの30%の骨盤位も臨月には5%程度に下がります。


頻度は5%ではありますが骨盤位は早産しやすく、
また頭位よりも出産時の危険性が高く、
胎児死亡率は頭位の2~5倍と言われています。

妊娠28~30週を過ぎても骨盤位が認められた場合、注意が必要です。


以前は外回転術という直接おなかを押して胎位を変える技法が使われていたようですが、
病院での出産が一般化し、この技法を使える助産師(産婆さん)が減ったため、
また出血、早産、破水などの合併症が起こりやすいため、最近は行われなくなってきているようです。


また矯正体操(逆子体操)を医師に指導されることもありますが、
妊婦さんにはきつい体操である割りに効果はあまり芳しくなく、
実際には母子の安全のため、そして昨今増えている医療訴訟のリスクを避けるため、
帝王切開を選択される割合が増えています。


骨盤位の原因

現代医学的には胎児の未成熟、
子宮筋腫や子宮奇形などによる子宮内の環境の不良、
胎盤の位置、臍帯の長さ、胎児の奇形、多胎などが原因とされています。




逆子と鍼灸治療


逆子とは(東洋医学偏)

さて、東洋医学では胎位の異常を
胎位不正(胎不正)、倒産、横産、偏産などと呼んでいます。

妊娠中は平生よりも多くの気血が必要となります。
そのため気血の不足が生じ、心身のバランスを崩しやすくなります。

妊娠中の過ごし方による影響が大きく、
殊に妊娠前から何らかの身体の不調を抱えていたり、
不良姿勢によって骨盤内腔に歪みがあるほどその傾向は強まると考えられます。

加えてもともとの体質の違いにより異なった病理経過を辿ることが多いのですが、
つまるところお母さんのおなかの中が、赤ちゃんが安定的に頭位を取るには
心地の良くない環境に陥っていると言えるでしょう。



赤ちゃんの状態は、お母さんの状態に大きく左右されます。
お母さんが騒がしく落ち着かない環境で過ごしたり、
ストレスを抱えていると赤ちゃんも落ち着かず、
お母さんが穏やかで健康であれば、
赤ちゃんの動きも穏やかで安定しています。
つまり 胎児は母体そのもの なのです。

現に逆子になっている方のうち、
臨月間近まで仕事を続けられている方や
完璧主義、心配性など心身の緊張状態を解くのが下手な人が少なくありません。



ところで『物事はすべて常にバランスを取りながら存在している』
東洋思想では考えます。
この理論を 陰陽論 と言い、鍼灸医学においても心身を捉え治療するための
基本原理になっています。


通常妊娠30週前後には胎位が頭位に落ち着くのも、お母さんの陰位(下半身)に
赤ちゃんの陽位である頭部がある状態がもっとも安定するためです。
骨盤位はこの時何らかの気血の流れの異常があり、
赤ちゃんが苦しんで位置を変えるために起こると考えられます。


よって鍼灸においては、お母さんの気血水の流れを調え、

お母さんの身体が赤ちゃんにとって居心地の良い状態に導くこと

が治療となります。


逆子の鍼灸治療

逆子に対する鍼灸治療の効果は、あるデータによると28週から治療を開始した場合、
9割方矯正が成功したという報告があります。
さらに逆子の治療が難しくなってくる妊娠34週前後でも42.5%が治ったとあります。


私の経験上からも28〜30週から治療をはじめた方の場合、
臍帯が胎児の首に巻きついていたり、
器質的な原因(子宮の形の問題・胎盤の位置・臍帯が短いなど)がある場合を除くと
今まで成功しなかったことはほぼありません。


ただし週が進むほど赤ちゃんが大きくなって回転できるスペースがなくなってきます。
38週で改善することもありますし、絶対に回らないわけではないですが
35週を過ぎると効果としては次第に下がってゆきますので
なるべく早い段階で治療を始めることが重要になってきます。




当院の逆子治療

逆子に対する鍼灸治療では、一般的に常用される経穴(ツボ)があり、
主に灸を使って胎児の回転を促してゆきます。


しかし、その前に考えなくてはならないことがあります。
それは『逆子』という状態は同じでも、そこに至った原因と病態は
人それぞれ違うということです。先ずはその心身の不調和を
それぞれの体質や病態に応じて整えなくてはなりません。


これをするとしないとでは上記のお灸での治療の効果にはっきりと差が生じるのです。
当院では、この心身の統合的な調整を経絡治療と呼ばれる鍼治療によって行ないます。
経絡治療について 詳しくはこちらをご覧ください


また逆子の原因となり、また逆子の改善を阻害する要因として考えられる事として、
骨盤の歪みの問題があります。


骨盤内の空間(骨盤内腔)に歪みがあるとそこを流れる気や血や水(津液)の
流れが滞りやすくなるため、また骨盤内腔が物理的に狭くなるため、
胎児が回転しづらくなるからです。
よって当院では母体に負担のない方法を使って、
骨盤や骨盤を支える股関節などの調整も行ないます。


経絡治療による内科的な調整と構造的な身体の歪みの調整、
内と外の調整をした上でお灸による治療をすることで、
逆子の改善率を高めているのです。




治療間隔について

逆子の治療は時間が限られているので、
可能な限り間を詰めて治療を重ねる方が良いでしょう。

治療によって内科的にいつ改善してもおかしくない状態になっても、
胎児が大きくなるほど物理的に回りづらくなりますので、
なるべく週数の早い時期から治療を始め、
間を詰めて治療を重ねることが大切です。

特に胎児が大きい場合や
お母さんが小柄であったり痩せている場合は注意が必要です。


その他、羊水が少ない、腹部の緊張が強い、疲労感が強い、
極端に顔色が悪い

  • 顔色萎黄(がんしょくいおう)・・・・黄色くくすんで肌の艶がない
  • 顔色黧黒(がんしょくれいこく)・・・どす黒い状態
  • 顔色晄白(がんしょくこうはく)・・・白く肌に艶がない
  • 顔色蒼白(がんしょくそうはく)・・・青白く生気がない

など母体の不調が明らかな時は、より早い段階での治療が必要となります。

治療日以外は指定した経穴(ツボ)にご自宅でお灸をしていただくこともあります。


受診時の服装について

お腹が出せて、膝上まで楽に出せるゆったりした服装でお越し下さい。
ジーンズなどの硬い生地やスパッツ、矯正下着など
身体を締め付ける衣服は治療効果、身体の変化を制限してしまいますので
その場合は患者着に着替えて頂きます。

また、治療上背中への施術が必要な場合などにも着替えて頂くことがあります。




まとめ

大切なことは赤ちゃんが無事に生まれ、お母さんも元気でいられること。
そして、お母さんが抱えている不安やイライラは、お腹の赤ちゃんにも確実に影響しているということです。


始めに述べたように逆子というものの多くは自然に治るものです。
しかし、治るか治らないか分からない、帝王切開になるかもしれない、
という不安な状態は、母子ともに良い状態であるはずがありません。

出産は病気ではありませんが命がけのもの。
様々な不安があるのは当然ですが、除きうる不安ならば
早めに除いておいた方がいいと思いませんか?


逆子に対する鍼灸治療の効果は高いものですが、もちろん100%ではありません。
しかし、たとえ逆子(骨盤位)自体は改善されなかったとしても、
心身の調和を図り、気力・体力を充実させてゆく漢方理論による鍼灸治療は、

  •  逆子に伴いやすい早産の予防  
  •  産後の予後不良の防止、回復力の増進 
  •  産後うつの予防 

となってゆきます。

また逆子が改善した後もご出産間近まで定期的な治療を継続することで、

  •  逆子再発の予防  
  •  母子の健康維持・増進という安産のための治療  

ともなります。



なお、鍼灸治療は妊娠前、妊娠初期から産後の調整まで
いつでも対応できる安全な治療法です。
風邪などの発熱時でも問題なく治療を受けていただけます。
特に身体の日々の変化が大きく、且つ薬を使いづらい妊娠中には最適の治療法です。

少しでも不安を減らしたい、少しでも安心して出産に臨みたい方。
お気軽にご相談ください。

 予約制 TEL 079-421-9353  

 電話受付 午前9時~午後1時 午後3時~午後7時 休診 水・日曜午後、祝日、第3日曜

ご感想

加古川市 31歳 逆子

 妊娠33週で逆子と診断され、予定帝王切開の日程を決めることに
なりました。自然分娩であっても、緊急手術が起こり得ると覚悟はしていました。
 しかし、出来ることならお腹の子が生まれたい日に、自然なお産がしたい。
何もせずに手術日を待つのは嫌だと思ったので、対策方法を調べました。
 その結果、逆子治療として鍼灸があることを初めて知りました。
 こちらのホームページが他院と比べて、逆子治療について一番丁寧な記載があったこと、更に、妊娠後期で逆子が治った方のクチコミがあったことが、受診の
決め手となりました。
 これまで一度も鍼灸治療を受けたことがなかった為、痛みや暑さに対する
不安はありました。しかし、実際施術を受けてみると、心地よい刺激を感じる
程度でした。
 手術日まで時間が限られていたので、出来るだけ集中的に通うようにしました。
お陰様で36週目の検診で逆子が治っていました。
また、治療を通して身体以外の精神的な部分も整えることができました。
考え方の癖や、家族との関係等、出産前に自分と向き合う時間ができた事に
大変感謝しています。

女性 31歳 加古川市 主婦

加古川市 31歳 逆子 O

三木市  31歳 逆子

妊娠28週で逆子と言われ、産院の先生に「お灸はデータとして効果を認められている」と聞き、ホームページで鍼灸院を探しました。
調べてみると近所だけでもたくさん鍼灸院がありましたが、妊婦についてしっかり記載があり、信頼できそうなところがこちらだったので、少し遠いのですがまずは診て頂こうと思いました。
一度目の治療で、自分では自覚していなかったのですが、疲れていたようでお腹が固かったり、骨格のトラブルも指摘されました。一般的な原因ではなく、「私」の原因を探して頂けるので、安心して治療してもらいました。逆子は戻らないまま33週に入り、産院の先生にも「ちょっと難しいかな~」と言われたのですが、ぎりぎりまでできる限りのことをしたい、と思ったのと、何より私自身の体調が良くなっていくのを感じていたので、吉良先生にはお世話になり続けました。そして、34週に入り、逆子が直りました!毎回丁寧に体の調子を診て下さり、その時々で必要な治療をして下さり、また赤ちゃんにも話しかけながら気持ちを込めて下さった先生のおかげと、心から感謝しています。私は、赤ちゃんはその子にとって1番いい方法で産まれてきてくれる、と思っています。母体の調子が乱れていてその子らしく産まれられないのであれば、できる限りの事をしたいという妊婦さん皆の思いだと思います。ぜひあきらめる前に、信頼できる先生に相談してほしいです。

女性 31歳 三木市 専業主婦

三木市,逆子,鍼灸

稲美町  31歳 逆子

・症状:逆子。

33週の検診ではじめて逆子になる(それまでは頭位)。
Dr.より逆子体操の指示が出る。
自分で体操、ドライヤーでツボのあたため等をしたが効果なし(4日程)

・受信理由:何もせず帝王切開を待つことは避けたかった。

もう1人妊娠希望だったので、1人目帝王切開で出産だと2人目も帝王切開になることが多いと聞いていた。なので、試せる方法すべて試し、自分が納得した上で出産に挑みたかったし、できれば赤ちゃんが出てきたい時に出してあげたかった。

HPを見て、内容の詳しさや治療に対する方針(考え方)で受診を決めました。元々学生時代にスポーツをしていたため、鍼治療には出会っていましたが、当時はあまり良い印象がありませんでした。
(痛い、内出血する、反応が強く出すぎて立っていられなくなる等)
その後、職業柄同じ職場の鍼灸師さんに鍼・灸をしてもらう機会も度々ありましたが、効果はあまりわからず・・・(その時だけのもので・・・)でした。
今回治療を受けてみて、逆子が頭位になってくれたことももちろん嬉しかったのですが、改めて自分と向き合うきっかけを与えてもらえたのかな、と思いました。
仕事を退職したこと、母になるということ、、、受け止められないままの自分がどこかに居たんだと思います。赤ちゃんにも伝わってたのかなぁ・・・?と。
今は身心ともにリラックスが出来、治療後の胎動は元気いっぱいです。身体の改善だけでなく、ギスギスした心にもゆとりを与えてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

女性 31歳 稲美町 主婦

稲美町,逆子,鍼灸

逆子

妊娠中は逆子、現在は疳の虫でお世話になっています。

落ち着いた雰囲気でゆったりとした気持ちで治療をうけることができました。
効果もばつぐんで驚いています。
予約制で、待ち時間もなくとてもスムーズです。
以前の治療についても、よく覚えてくださっており、親身になっていただき感謝しております。

エキテンへのご投稿より

逆子

逆子が治りました

妊娠28週で逆子と病院で言われ、30週までには大体の人が治るとのことだったので、その時は気にしませんでした。ところが、30週でまだ治っていなくて、しかも赤ちゃんは大きめ。インターネットで色々調べてみると、赤ちゃんが大きめだと周期が進むにつれ治りにくいというのを読んで焦りました。更に調べた結果、お灸が逆子を治すのによくて、家から通いやすい当院にたどり着きました。悠長に構えてる暇はないと思い治療を始めました。
先生にはまず体の歪みやらを治していただきました。歪みが普通になってたせいか普段自覚はなかったのですが、治療後体が楽になりました。正しい姿勢に気をつけるよう心掛けるようになりました。お灸を据える場所を教えてもらい、毎日家でお灸を据えました。通うこと2週間後の妊婦健診で逆子が治っていました。嬉しかったです。上の子がいるので帝王切開は避けたかったので。治療を受けてみて本当によかったと思います。

エキテンへのご投稿より

稲美町  31歳 逆子

36週で逆子が治りました

二人目の妊娠で、中期の頃からずっと逆子と言われていました。一人目も9ヶ月頃まで逆子だったので、戻るだろうと思い焦りもしていませんでしたが、34週に入ってもまだ戻らず、受診させていただきました。
鍼やお灸などしていただき、回を増すごとに今までより明らかに胎動も増え、お腹の張りも少なくなり体も楽になりました。
そして、36週と4日目の検診で逆子が治っていました。もう帝王切開を覚悟していたので本当に嬉しかったです。先生と赤ちゃんに感謝感謝です。受診させていただいて本当に良かったと思いました。

女性 31歳 稲美町 専業主婦

エキテンへのご投稿より

逆子

赤ちゃんを三人出産しました。

赤ちゃんを三人出産しました。一人は逆子で初めて治療をお願いしました。鍼灸で効果があるのか疑問でしたが、針だけでなく効果のある体操やお灸などいろいろ教えてもらって逆子直りました!二人目、三人目はツワリがひどく、治療に来ました。するとツワリも驚くほど楽になりました。今は授乳中なのですが薬があまり飲めないので風邪をひいたり、体調がどうもスッキリしない時に『最終手段』のように治療にきては『あ~、こんなに楽になるならもっと早くきておけばよかったなぁ~』と毎回思って帰ります(苦笑)娘(生後八ヶ月)も風邪の咳がおさまらず診てもらったら、あっという間に夜も楽に眠れるようになりました!まるで魔法のような効果です(^O^)先生も楽しくお話しながら診てくれるので緊張しませんよ。オススメです!

エキテンへのご投稿より

 ご予約は今すぐこちら TEL 079-421-9353 

   当日予約可(土日の初診を除く)            

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時  休診 水/日曜午後 祝日 第3日曜


a:13600 t:4 y:5

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional