兵庫県加古川市の鍼灸院 根本治療専門 アトピー・喘息、不妊症・不育症、うつ・パニック障害、繊維筋痛症に 交通事故対応                                        

初めての方へ

初めての方へ

 はじめまして。鍼灸治療院きさらぎのホームページへようこそ。

 さて、交通機関・交通網の発達、生活様式や食習慣の欧米化、電化製品の著しい普及、地球温暖化など、私たちを取り巻く環境は一昔前とは大きく変わりました。
それに伴い、疾病の中心も従来の感染症などの急性型の疾患から,糖尿病メタボリック症候群など、生活習慣病と呼ばれるような慢性型の疾患に変わってきました。

これは
「自分の健康について無自覚には暮らせない時代になった」
ことを示唆しているのではないでしょうか?

生活のあり方に根ざした病は、なにも生活習慣病と呼ばれる疾患ばかりではありません。
腰痛膝痛五十肩などの運動器疾患をはじめ、花粉症うつ症状など多くの病も、
姿勢すなわち立ち方・歩き方・座り方などの身体の使い方や、食習慣、精神的習慣(考え方・感じ方の癖)など、これまでの生活のありかたに少なからずの原因があると言えるでしょう。

逆の見方をすれば、

心身の不調、病と向き合うことは、

これまでの自分のありかたを見つめるチャンス
 

にもなりうる、ということです。 


心と身体の元気を引き出す鍼灸治療を通じて、

皆様が治療を受けなくても良いお体と生活を取り戻し、

身も心も健やかな毎日を生きてくださること。

それが鍼灸治療院きさらぎの願いです


鍼灸治療について

皆さんは鍼灸治療=東洋医学と思ってらっしゃいますか?
いいえ、残念ながらそうではありません。

現在、鍼灸・整骨院などで施されている鍼灸治療は、
解剖学・神経学等の西洋医学的理論に基づいて施術されていることが殆どです。
つまり、鍼灸という東洋医学の世界で生まれた道具を西洋医学的に使用している、と言えます。

西洋医学的鍼灸治療は、
スポーツ障害などの運動器疾患や痛みの治療には優れた効果を示すこともありますが、
各種慢性的な症状や、精神障害アレルギー疾患など、
内科的な要因をはらんだ様々な疾患には向いているとは言えません。

また中には、反応点と呼ばれる圧痛や硬くなっている部分に直接鍼を打ち、
そこさえ緩めば良い、というような治療法まであります。

俗に「反応点治療」「痛いとこばり」と呼ばれる局所刺激による対症療法ですが、
なぜその反応が出ているのか、症状の背景・原因を把握せずに、
ただその反応を言わば強制的に消してしまうような治療は、一時的に症状が緩和され、楽になるにせよ、かえって病の根っこを深めてしまう恐さがあるのです。

本来の東洋医学は、そのような「症状を取ること」を眼目としません。
なぜ、そのような症状があるのか、心と身体を総合的に捉えてその原因・病の背景を判断し、不調和な心身を調えることを通じて、「結果的に症状が消えること」 を目指します。



治す力は患者さん自身の中にあるのです。病に打ち克つ力を引き出し高め、
治るカラダにしていくことが東洋医学の眼目なのです。

当院の鍼灸治療は、東洋医学の古典に基づく 経絡治療 と呼ばれる伝統的な治療法です。
伝統的と聞いて古臭いと思わないでくださいね。
伝統とは創造の歴史であり、現在もなお受け継がれているのは、そこに普遍的な力があるからなのですから。

東洋医学の中で生まれ、発展し、体系づけられた鍼灸治療の真価は、

東洋医学に基づいてこそ発揮されます。
 

心や身体の不調を感じているすべての方々に、

鍼灸治療院きさらぎはこの治療法を捧げます。


オーダーメイドの治療?

当院では、お一人おひとりのお体の状態に細やかに合わせた治療を提供いたします。
 
しかし、それは巷の慰安系のサロンなどで謳われているような
オーダーメイドの治療」を意味しているわけではありません。
患者さんのオーダー(注文、要望)に応えることが、
必ずしも患者さんのお体にとって良いとは限らないからです。

鍼灸治療専門院である当院には、
たとえばいくつもの整骨院を渡り歩いてきた方やマッサージ慣れしている方、
打った鍼に電気を流すなど他の鍼灸院で鍼慣れしている方などもしばしば来院されます。
そういった方々によく言われることは、
「もっと強い鍼を打ってくれ、もっと響かせてくれ」という要望です。

しかし、
強い刺激を好むということは、強い刺激でしか感じられないほど感覚が鈍くなっている
とも言えるのです。
このような状態の患者さんの要望(オーダー)に応えるということは何を意味するのでしょうか?



食事の際、味見もせずに料理に塩や醬油、ソースなどをかける人がいますが、
そういう「濃い味を好む人」は淡白で繊細な味では満足できません。
味覚が鈍磨しているからです。
だからといって、その舌の感覚に合わせて濃い味の料理ばかり出し続ければ、
やがてその方のお体は悲鳴を上げるでしょう。
 
医食同源といいますが、好みの味あるいは慣れた味を欲しいまま食するのではなく、
その時本当に体が必要としているものを、必要なだけ食してこそ健康へつながります。
そして、治療にもこれと同じことが言えるのです。


 
患者さんのご要望にはもちろん出来る限りお応えしたいと思いますが、
それがご本人にとって良くないと判断したことは致しません。
ですから、「オーダーメイドの治療」にはできないのです。

  • その方にとって、どのような治療をすることが最良か
     常にそう心がけて治療を進めて参ります。

  そして、治療期間を短縮し、また再発防止のために

  • 生活の中で何を改善し、何に気をつければ良いか
     を、ご本人の意志さえあれば必ず出来る範囲で医療指導させていただきます。

当院へ希望を持ってこられた皆様が

病や疾患に打ち克つ力を一日も早く取り戻せますように、

鍼灸治療院きさらぎは全力を尽くします。


ハリは恐い?

ハリと聞いて「何だか恐いな・・」とお感じの方も多いと思います。
病院での注射を連想されるのでしょうね。

でも、大丈夫ですよ。
薬液などを通すために硬く空洞になっている注射針とは、まず構造が違います。

鍼灸用の鍼は、髪の毛程度の太さで、しなやかで弾力性があり、
刃先もより痛みが少ないように加工されています。
打つ場所や個々人の感受性によって少し差はありますが、ほとんど痛みは感じません。
いつ打たれたのか気づかない方も少なくないほどです。

もうひとつの恐さは感染の問題だと思いますが、それもご心配には及びません。
空洞になっていない構造上、体液が鍼の中に残ることはありませんし、
メスなどの手術器具の滅菌にも使われている高圧蒸気滅菌器(オートクレープ)を使用することによって、完全に滅菌されますので安全です。

 そもそも

当院では、エチレンオキサイトガス滅菌済みの
ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。
}} 

 ので、感染の心配はまったくありません。

(ご希望・状況により、鍼を買い取っていただき、
個人専用のキープ鍼として管理・使用することも可能です。)



個人的にも、私は痛い治療は苦手です。
患者さんにも出来るだけリラックスして治療を受けていただけますよう、
おひとりお一人の体質・病態・体力・体調に応じたやさしく繊細な治療を提供いたします。

そして、謙虚な姿勢を忘れず、いつでも最善の治療をご提供できますように
日々治療技術の研鑽に努めています。


 
東洋医学の懐は深く、
「え?そんな症状にも効果があるの?」とよく驚かれます。
 
肩こり腰痛の治療に来院された患者さんが、それとは別の症状の改善にも気づき、
「先生、実は・・・」と次々に打ち明けられずにいたお体のお悩みを相談されることも珍しいことではありません。
 
そんなお悩みにお応えでき、皆様が様々な症状から開放され喜んでくださる姿を見る時、
東洋医学を学んできて良かったなと本当に思います。

心身一如の観点から病気ではなく人を診る東洋医学だからこそ応えられることがあります。

どうぞ、鍼灸治療を恐がらずに、安心してあなたのお悩みを聞かせてください。
あなたの健康を全力でサポート致します。


#style(class=redbox4){{
CENTER:鍼灸治療院きさらぎは
CENTER:「自分が患者だったら、また受けたいと思える治療」
CENTER:を心がけています


最後に

世の中には、優れた治療法が沢山あります。
鍼灸治療もそのひとつです。
 
しかし一番大切なことは、
患者さんご本人が「治そう」という意志をしっかり持ち続けることです。
その意志と姿勢がなければ、どんな優れた治療法もその効果を充分に発揮することはできません。

殊に現代病と呼ばれる疾患あるいは病の多くは、
患者さんご本人のこれまでの生活のあり方の積み重ねによるものと言えます。
治療家と患者さんとの関係が、「あなた治す人、私治してもらう人」という従来の関係では治るものも治りません。

患者さんと治療家がともに同じ目標に向かって協力し合える関係の中でこそ、
治療効果は最も高まる のです。

画像の説明

健康は本来自分で守るもの。
働きかければ必ず身体は応えてくれます。
それがどんなに小さな声であっても、その声によく耳を傾けてください。
そんな一日一日が積み重なれば、やがてそれは大きな声となるでしょう。

皆様が健康を取り戻すその歩みの中で、
当院がその力となり支えとなれるなら、
それに変わる喜びはありません。



                    鍼灸治療院きさらぎ     院長   吉良 淳

  漢方臨床鍼灸研究会 会員

日本刺絡学会      会員



予約制 079-421-9353


a:2711 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional