兵庫県加古川市の鍼灸院 根本治療専門 アトピー・喘息、不妊症・不育症、うつ・パニック障害、繊維筋痛症に 交通事故対応                                        

FrontPage

当院は根本治療専門院です。
専門院だからこそ出来ることがここにはあります。
根本治癒を遅らせ遠ざけるだけなので、
症状別・病名別の対症療法は行いません。
症状を追わない根本治療だからこそ、
治癒力・回復力が高まり、あなたはより早く
その病ゆえの悩み・苦しみから卒業することができます。
鍼灸で体質改善・元気の底上げをしませんか?

※一時しのぎの慰安や対症療法をご希望の方はご遠慮下さい。

 完全予約制 TEL 079-421-9353 

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時  休診 水/日曜午後 祝日 第3日曜

メールでのお問い合わせはこちら 初診の方の当日予約は平日のみ可


生まれ変わるなら生きてるうちに          兵庫県 加古川市 鍼灸院きさらぎ          高砂・明石・姫路・小野・三木・神戸         乳幼児からご高齢者、妊婦さんまで安心な優しい治療

当院は兵庫県加古川市の
住宅街にある小さな鍼灸院。
数少ない根本治療専門院です。
急性疾患等一部の例外を除き、
対症療法は致しません。
耳つぼダイエット、美容鍼灸等
慰安コースもありません。
ですが、通院を希望される
患者さんの8割は女性です。
それは健康意識の高い女性の
悩み苦しみに専門院だからこそ
応えられることがあるから。



症状を徒に追うばかりの対症療法や病名別治療で
本当に健康になれるでしょうか。
一時しのぎの「症状消し」や「痛気持ち良い」だけの慰安的施術で
あなたの悩み苦しみは本当に解決するでしょうか。

症状とは心身の不調和・異常があるがために必要があって出てくるものであり、
心身からあなたへの大切なメッセージ。
その声に耳を澄ませてみませんか?

先天性・遺伝性の病や感染症、受傷事故による外傷など一部の例外を除き、
多くの病や不調の原因はご本人の日々の在り方の中にあるものです。

あなたを苦しめているあなたの中に在る原因。
ひとりでは気づけないことも人に診てもらうことで知ることができます。
症状を通し、治療を通してあなた自身と向き合いましょう。
そこに生まれ変わるチャンスが生まれます。
健やかで明るい未来への扉を開きませんか?

  • 自分と向き合うつもりはない。
  • 養生に励むつもりもない。
  • ただ症状さえ消してくれさえすれば良い。

残念ながら当院はそんな「治す気のないあなた」のご期待には応えられません。


「このままではいけない」と一歩踏み出そうとしているあなた。
「なんとしても変わりたい」と真の健康を願うあなた。
「薬に頼らずに自身の治癒力を高めて健康になりたい」と感じているあなた。
「そのために自分で出来ることは何でもしよう」と治す気のあるあなた。

鍼灸治療院きさらぎは

そんな本気のあなたのための最後の鍼灸院です。


こんな方に

   
[check] 喘息・アトピー・花粉症  [check] 「自律神経失調症」「更年期障害」に
[check] 不安、うつ・パニック障害、吃音などの精神・情緒的疾患に
[check] 不妊症不育症その他婦人科疾患  [check] 起立性調節障害(めまい・頭痛・朝の弱さ)
[check] 慢性疲労症候群、脳脊髄液減少症、繊維筋痛症など 
[check] 咳・鼻水・頭痛・発熱・関節痛などの風邪の諸症状に
[check] 冷え・むくみ・偏頭痛・不眠・かゆみ・めまいに
[check] ヘルペス・顔面神経麻痺・突発性難聴 などの急性疾患に
[check] つわり/むくみ/腰痛/風邪/逆子など薬害を避けたい妊娠中の体調管理に
[check] 膠原病などの自己免疫疾患に  [check] 癌など大病後の体調管理に 
[check] 関節痛・シンスプリントなどのスポーツ障害や交通事故による外傷に 
   
さらには
[check] 「未だ病ならざるを治す(治未病)」で、予防として健康管理を図りたい方
[check] ダンサーやアスリート、演奏家・芸術家・職人のパフォーマンスアップ、コンディショニングに


『症状という枝葉を越えて、病の根っこから治療する東洋医学』なら

きっとお力になれます。お気軽にお電話ください。


 ご予約は今すぐこちら TEL 079-421-9353 

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時  休診 水/日曜午後 祝日 第3日曜

臨時休診日程をご確認下さい。  初診の方の当日予約は平日のみ可


より効果的に治療を受ける秘訣

  • あなたは御存知ですか?
    治療とは自分と向き合い、
    新たな自分へと生まれ変わるチャンスだということを。


  • 薬害の恐れのない予防・体調管理
  • 難病や慢性疾患の改善・QOL(生活の質)の向上
  • 冷え・ 病弱・アレルギーなどの体質改善
  • 健やかな母体づくり
  • 健康度の充実・増進
  • アスリート・ダンサー・演奏家・歌い手・職人の
    コンディショニング、パフォーマンスアップ など


健康や心身と関わるあなたの悩みや願いの多くは
やさしく繊細な当院の鍼灸治療を通して
解決の扉を開く事が出来ます。
もし、あなたが病や治療に対する間違った先入観を捨て、
病や症状の意味と治療目的を正しく理解した上で
治療を受けられるなら。


病の深さや進行度、潜在的治癒力の大小、治療の頻度などの条件が同等でも
治療効果や治療経過に個人差があるのはなぜでしょうか。
その原因の多くは治療に臨むご本人が抱えています。
それは病や症状、治療というものに対する誤解や先入観、
そして治療への依存心です。

誤解や間違った先入観に捉われたまま依存的に治療を受けても
良い結果は決して生まれません。

たとえば根本治療の専門院で対症療法を期待することは
精進料理の店に入ってハンバーガーを待ち焦がれているようなものです

濃い大味なジャンクフードを待つ舌で
素材の旨味を活かす繊細な日本料理を
美味しく味わえるはずがありませんね。

治療効果を最大限に享受するために最も必要なことは
先ず先入観を捨て、治療目的・治療方針を理解し、
それを受け入れる心の用意をすることです。


たとえばあなたはこんな風に思っていませんか?

  • 症状とは憎むべきもの
  • 症状とはただ消えさえすれば良いもの
  • 治療を受けるだけで健康になれ、自分は何も気をつけなくて良い
  • 薬は量が多いほど効き、治療時間は長い方が良い
  • オーダーメイド、自分の言いなりにしてくれる治療が良い治療だ
  • 症状が無くなった=治った=もう健康だ        等々・・・


病や治療に対する誤解とそれに基づく偏った思考や願望は治療効果を制限し、
誤解に基づく行動や感情は治療効果を打ち消す方向に働きます。

なにより、心身を追い詰め、病・不調を引き起こした自分の在り方を改めずに
「誰かがなんとかしてくれる」
「とにかく人に治してもらおう」という依存心は
あなたの治癒力を貶め、治療効果を制限し、必ず治癒を遅らせます。

  • 症状の意味・理由
  • 治療の目的
  • 養生(生活習慣の改善)の大事

慢性症状や難病であるほど、病や治療に対するあなたの正しい理解と
治療に臨む主体的姿勢が必要であり、根本治癒への鍵となります。
言い換えれば、

あなたはあなたの思いひとつで
治療効果をグッと高めてゆくことが出来るのです。
もちろん、その逆も・・・。


根本治療とは

鍼灸医学では、「氣」の存在、概念を大前提として、鍼と灸という道具を使って、

その時点で最も心身全体を調整できるツボを選択して働きかけ、
脳脊髄液循環、免疫系、筋・骨格系バランス、内蔵機能、自律神経の調整をし、
自然治癒力を引き出し高めることを目的に治療致します。
『症状消し』ではなく、身体機能の本来あるべき状態を取り戻すための治療です。

これを根本治療と呼びます。



頭痛のツボ・不眠のツボ・アトピーのツボ・帯状疱疹のツボ・うつ病のツボなどという
症状や西洋医学的病名に引きずられたいわゆるツボ療法ではありません。
症状を取ること自体を目的とする対症療法でもありません。

症状自体と症状の原因が同じだと思い込んでいる人は、
症状が消えたら「治った」と思い、
未だ治療の必要な状態であっても自己判断で治療を受けることを止め、
同じ生活習慣、同じ負担を心身にかけて症状を再発させ、
「治療を受けてもすぐに戻ってしまう」と嘆きながら
延々と「治療院巡り」を続けることになります。

症状の意味

症状とは心身の異常を知らせてくれる心身からの警報であり、
必要があって出てくるものです。
症状自体はいつであれ正常なのです。
問題は症状という警報を鳴らさなければならない心身の状態です。

あなたに今最も必要なことは、
その警報、その声に感謝し、静かに耳を傾けることです。


対症療法の危険性

徒に症状を消すことを追う対症療法は、
警報器の警報だけを消して回っているようなもの。
火事もガス漏れも放置されたままです。

多くの治療院がそのような「症状消し」に専念し、
患者さんの多くもまたそれに類する施術を期待しがちですが、
「痛気持ちいい」マッサージや電気バリ、強い「ひびき」を重視した鍼治療など、
そのような強刺激な施術は身体を交感神経優位に、つまり興奮状態に導くことによって
症状を感じなくさせているだけなのです。
感覚を鈍らせて痛みを感じなくさせるブロック注射や湿布薬、鎮痛剤同様、
対症療法に過ぎません。

対症療法を続ける限り、根本的な治癒は望めないばかりか、
身体は益々鈍く、病の根は愈々深まってしまいます。
異常を異常と感じられない鈍った心身になることが
本当に健康への道でしょうか。


それでもあなたは、「症状さえ取ってくれれば良い」と
対症療法を希望されますか?


症状とは徒に抑え、消せば良いというようなものではなく、
根本治療により心身が整い、結果高まった治癒力、
すなわちあなた自身の力によって自ずから改善されてゆくべきものです。

もちろん、症状とは身体からの警報であり、自ら治ろうとする治癒力の顕現であり、
そして、根本治療とはその治癒力を高めるための治療ですから、
例えば風邪症状が身体が病原菌やウィルスと闘ってくれている証であるように、
回復期だからこそ、より症状を強く感じられるようになったり、
隠れていた症状が表に出てくることもあるでしょう。
鈍磨していた知覚が活性化されることで、
異常部位をより明確に感じ易くなることもあるでしょう。

症状を憎んだり、敵としている限り、根本治癒は遠ざかると知らなくてはなりません。
「症状=病気」、ではないと理解することが極めて重要です。

症状を通し、治療を通してお身体を理解し、感謝し学び、
日々の在り方に主体的に向き合える身となることが
健やかな明日への近道だと知っていただきたいものです。


当院では乳幼児、妊産婦、ご高齢者、発熱時、急性期・慢性期など、
様々な条件・状況に適切に応じつつ、心身を統一的に捉えて調整し、
その時点での最上の状態を引き出してゆくことによって
徒に症状を追うよりも却って広く深く様々な病に対応することが出来ます。


治療の主役はあなた

心身の不調和の原因と養生の大事



この世の一切は陰陽の関係、
すなわち「すべてのものは常に揺れ動きながら相依って成り立つ」
と考える東洋思想においては
人体もまた 

  • 心身の調和
  • 人との調和
  • 環境・気候との調和

など、あらゆるものとの調和を保つべく、
常に揺れ動きながら存在していると捉えます。
そして、

一切の病は何らかの調和の乱れによって起こり、
そしてその総ての症状の背景には 脳・脊髄・内臓の機能的失調、
すなわち自然治癒力の低下、氣(気血水)の乱れがある

と考えます。


その異常は、人体の回復反応として或いは警報として、
症状や反応となって表に表れます。
逆に姿勢や筋肉・関節の障害、過食・偏食、過去の外傷や外科手術などの影響も、
「内蔵(脳・脊髄を含む)」の機能的失調を引き起こします。

東洋医学における「内蔵」は西洋医学における「内臓」のような器質的概念ではなく、
それをも内包した機能的概念であり、精神とも深く関係しています。
「内蔵」の機能的失調は、不安や イライラ、気力の低下など精神状態にも影響を与え、
うつ病やパニック障害などの精神疾患にもつながってゆき、
またその逆もあります。

  • 立ち方・座り方・歩き方などの姿勢・運動習慣。
  • 過食・偏食などの食習慣。
  • 価値観、先入観、経験などに伴う思考癖・情緒の偏重などの精神習慣。

これらは密接に関わっており、互いに影響を与えつつ庇いあうことによって、
様々な心身の不調となり、慢性的なお身体の状態を作り上げ固定化してしまうのです。

治療さえ受けて入れば良くなる、筈はありませんね。

悪習慣を改めない、養生に励まない、医療指導は守らない、
という選択・決断を、治療を受けながらも し続けること。
それは雑巾がけをしている上から上から水を撒き続けるようなものです。
生涯かかっても拭ききれはしないでしょう。

ですから、症状や治療を通して現在のお身体の状態、
その状態を作り上げた日常習慣の要改善点を学び、
目を背けず、願望や感情に惑わされることなく、
ただ静かに素直に受け止め理解する必要があるのです。

理解を通して生活習慣の改善、養生に取り組めば、
より治療効果を高め、維持することができますから、
それだけ早く、あなたの望む健康を実現することが出来るでしょう。

先天性・遺伝性の病、受傷事故による外傷など、
不可避な病や疾患であっても、向き合い方次第で経過は変わってきます。

医療への依存的姿勢から卒業し
ご自分を信頼することで
あなたは治癒への可能性の扉を
より大きく開いてゆくことができるのです。


西洋医学が症状や異常部位に焦点をあてて、
薬や手術によってこれを抑え、切り取り、取り替える
「北風」のような医学とすると、
東洋医学は症状や異常部位の背景・原因に焦点をあて、自然治癒力を高めて、
自ら病という厚いコートを脱いでいただく
「太陽」のような医学と言えるでしょう。

しかし、このような対症療法を行わない、
根本治療に特化した鍼灸治療を受けられる鍼灸専門院は
兵庫県下でも極僅かです。

治療の目的は症状を消すことではなく、
心身全体を統一的に調整し治癒力を高め、機能的回復を促すこと。
様々な病や症状はその結果として自ずと改善されてゆきます。
そして整った心身、高まった治癒力をどれだけ長く保ち活かせるかは、
治療に臨むご本人の在り方に大きく左右されます。
治療を通して得た気づきを是非日常に活かしてゆきましょう。
鍼灸治療院きさらぎは
一時しのぎの対症療法や慰安をお求めの方ではなく、
健康になりたい、あり続けたい、本気のあなたの為の鍼灸治療院です。


病に打ち克つ力をあなたに


あなたの命が輝き出す 兵庫県 鍼灸院きさらぎ

古来日本では 厳しい寒さの中
抑えられていた生命力が
よみがえり 溢れだすさまを
『生更木(きさらぎ)』と呼びました

陰暦二月(現在の三月)
長い冬を越え 虫たちが顔を出し
草花がつのぐみ
木々の若芽が芽吹く頃を
『如月(きさらぎ)』
と呼ぶのはその名残です

鍼灸治療院きさらぎは
厳密な骨格診断と
東洋医学理念に基づく鍼灸術によって
『あなた』本来の自然治癒力
治ろうとする力を引き出し 高め
『心身のきさらぎ』を目指します



兵庫県加古川市の鍼灸専門院 
鍼灸治療院きさらぎは、
病やケガを通して自己と向き合い、
自ら治したい、治そうと願い励むあなたに寄り添い、
ともに歩む鍼灸治療院です。


 予約制 TEL 079-421-9353 

メールでのお問い合わせはこちら   当日予約可(土日の初診を除く)            

電話受付 午前9~午後1時 午後3~午後7時  休診 水/日曜午後 祝日 第3日曜


a:105178 t:23 y:39

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional